食べ物で改善 | 最も人に見られやすい顔に関する悩みを美容外科で解決
Beauty

食べ物で改善

頬のたるみは、生活習慣や食生活によっても引き起こるので、日々の食生活を意識することが大切です。
肌のハリに必要不可欠なコラーゲンやエラスチンといった成分を、毎日の食事から摂取するように心掛けましょう。
日本食にもよく使われる大豆食品も、肌にとって効果的な食べ物です。
大豆に含まれている大豆イソフラボンが、女性ホルモンのエストロゲンと同じような働きをすることが分かってきました。
大豆イソフラボンは、保湿機能の向上や老化防止といった効果が期待出来るので、積極的に摂りましょう。
きなこや納豆、豆腐に含まれているので、1日にどれか一つの食材を取り入れることが望ましいです。

頬のたるみには、コラーゲンが必須なものになります。
人間の皮膚の7割がコラーゲンによって作られているので、コラーゲンを補うことで、ハリが蘇ってきます。
食べ物として、鶏肉の皮や鳥の手羽先、豚足や魚のアラにも、コラーゲンが豊富に含まれています。
また、ポリフェノールも、頬のたるみに効果が期待されています。
ポリフェノールは、結構を良くする働きがあり、さらにビタミンC吸収を高める働きや、抗酸化作用もあるので有効的です。
玉ねぎやブルーベリー、緑茶やリンゴに含まれています。

頬のたるみは、普段の食生活を変えることで軽減される可能性があるものです。
ビタミンを多く含むものや、コラーゲンを多く含むものを摂取するのが効果的ですが、そういった食べ物は、夜に摂ると更に効果が期待出来ます。
夜は肌が生まれ変わるので、その時間に合わせて摂ることが大切です。
就寝前になるので、消化のいいものやカロリーが低いものを選ぶといいでしょう。
頬のたるみは、日々の積み重ねによって解消されていきます。