升田の研究~鬼手と石田流~ 電子書籍 お得 買う ブックライブ

升田の研究~鬼手と石田流~ブックライブ無料試し読み&購入


※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。「自分よりも強い相手に勝つにはどうすればよいのか」 将棋ファンにとって永遠のテーマであるこの問いに、本書が示すのは「思いもよらない奇想」。随所に「升田幸三の将棋観」を散りばめながら、独創的な序盤戦術と敵の虚を突く鬼手の数々を解説しています。 第1部「鬼手の研究」では序盤で敵を壊滅させる奇襲・荒業の研究や基本技の研究に加え、プロ棋士の実戦を題材にした鬼手の数々を紹介しています。相手の悪手を悪手としなければ、悪手変じて好手ということになりかねません。チャンスをつかむ逆転の勝負術を磨いてください。第2部「升田式石田流」では、升田式石田流のすべてを升田幸三渾身の筆致で学ぶことができます。 1971年、第30期名人戦――。大山康晴名人を相手に新戦法の真価を試すべく、升田は升田式石田流を連採しました。しかし惜しくも敗れた升田は、以後名人戦の舞台に立つことはかなわず、一つの時代が終焉を迎えたのです。ところが升田式石田流は40年以上たった今も、当時の研究をベースとしたまま、プロの第一線で活躍を続けています。升田式石田流の誕生と発展の過程、この戦法特有の基本手筋をこの一冊で学ぶことができます。本書は「鬼手の研究―強い奴に勝つ将棋―」(経済界)と「升田式石田流」(日本将棋連盟)の2冊を1冊の文庫にしたものです。独特の語り口で語られる、研究と将棋観の一端をご堪能ください。
続きはコチラから・・・



升田の研究~鬼手と石田流~無料はコチラから♪
↓↓↓↓↓↓


表紙クリック詳細♪


升田の研究~鬼手と石田流~「公式」はコチラから



升田の研究~鬼手と石田流~


>>>升田の研究~鬼手と石田流~の詳細はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)評判


升田の研究~鬼手と石田流~、書籍、雑誌、写真集など幅広いジャンルの本を取り扱っている電子書籍ストアが「BookLive!」です。
升田の研究~鬼手と石田流~を始めとする約300,000作品、約600,000冊の本を読むことができます。
ウェブブラウザを始めとして、iPhone、iPad、Android、Windows PC用の無料アプリも用意されていて、あらゆる環境で升田の研究~鬼手と石田流~を楽しむことができます。
紙の本よりも安い価格で升田の研究~鬼手と石田流~の購入もすることができます。
30%OFFセール、半額セールを始めとして、期間限定で升田の研究~鬼手と石田流~が安く買えるクーポンなど、様々なお得なキャンペーンが定期的に開かれます。
ポイントが「Tポイント」でつくので、升田の研究~鬼手と石田流~以外にも使えて非常に便利です。


BookLive!(ブックライブ)あるある1


常に持ち歩くスマホに読みたい漫画を全部DLするようにすれば、片付ける場所を気に掛けることがなくなります。一度無料コミックから試してみることを推奨します。
定常的にたくさん本を読むという人にとっては、月毎に同一料金を払うことにより何十冊でも読み放題で閲覧することができるという仕組みは、まさに革命的と言って間違いないでしょう。
BookLive「升田の研究~鬼手と石田流~」を読むのであれば、やっぱりスマホじゃないでしょうか?大きなパソコンは持ち運べませんし、タブレットも電車など混み合った中で読むという場合には不向きだと想定されるからです。
BookLive「升田の研究~鬼手と石田流~」から漫画を買えば、家のどこかに本棚を確保する必要は皆無です。欲しい本が発売されても本屋に立ち寄る手間を省くこともできます。こうしたメリットから、利用者数が急増しているのです。
買いたい漫画はいっぱいあるけど、買っても置く場所がないという人が増えているようです。そんな理由から、整理整頓を考えなくて良いBookLive「升田の研究~鬼手と石田流~」の利用者数が増加してきているのだそうです。



BookLive!(ブックライブ)あるある2


電子書籍ビジネスにはいろんな会社が参入しているので、しっかりと比較してから「どの電子書籍をチョイスするのか?」を決めるべきです。本の取扱量や価格、サービスの内容などを総合判断すると良いと思います。
電子書籍の需要は、これまで以上に高まりを見せているようです。そういう状況の中で、特にユーザーが増加傾向にあるのが読み放題というサービスだと聞きました。値段を気にせずに読めるのが人気の秘密です。
マンガの購読者数は、ここ何年も減少しているという現状です。古くからのマーケティングは見直して、料金の発生しない無料漫画などを広めることで、新規利用者数の増大を企てています。
さくさくとアクセスして読み進めることができるというのが、無料電子書籍なのです。店舗まで出向いて行く必要も、オンラインにて購入した書籍を受け取る必要もないのです。
コミック本というものは、読み終えてからBookOffみたいな買取専門店に持参しても、わずかなお金にしかなりません、もう一度読み返したいと思ったときに困ることになります。無料コミックなら、収納スペースが不要なので片付けに困りません。





升田の研究~鬼手と石田流~の情報概要

                              
作品名 升田の研究~鬼手と石田流~
支払い方法 クレジットカード|spモード決済|auかんたん決済|ソフトバンクまとめ支払い|楽天Edy|BitCash|WebMoney(ウェブマネー)|モバイルSuica|Tポイント|BookLive!専用のプリペイドカード|三省堂書店 店頭決済サービス
升田の研究~鬼手と石田流~ジャンル 本・雑誌・コミック
升田の研究~鬼手と石田流~詳細 升田の研究~鬼手と石田流~(コチラクリック)
升田の研究~鬼手と石田流~価格(税込) 1062円
獲得Tポイント 升田の研究~鬼手と石田流~(コチラクリック)
対応端末 iphone、ipad、ituch、Android、PC(windows/Mac)


ページの先頭へ