Write Portable Code 複数プラットフォームに移植可能なソフトウェアの開発技法 電子書籍 お得 買う ブックライブ

Write Portable Code 複数プラットフォームに移植可能なソフトウェアの開発技法ブックライブ無料試し読み&購入


※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。本書はポータビリティ(移植性)にフォーカスした書籍です。本書における「ポータビリティ」とは、ソースコード、特にCのソースコードをさまざまなOS、アーキテクチャで移植可能にしていくかということを指します。しかし、本書で取り上げていることは、C/C++だけに当てはまるものではなく、どのような開発環境でも通用するものです。本書では、ポータビリティを考える上で見落しがちな罠(必ずあると思っている関数は特定のアーキテクチャでは存在しない、テキストファイルですら互換性の問題を孕んでいるなど)、数値計算やデータ処理における各OS・アーキテクチャでの特徴的な事項といった多様な事柄を取り上げています。特に前半では、実例のCコード、筆者の作ったSALオーディオライブラリでの経験談、ポータビリティを実現するライブラリであるPOSH(Portable Open Source Harness)の利用例を豊富に掲載し、どういったところに留意すべきかをわかりやすく説明しています。いかに移植性の高いソフトウェアを書くか、つまり、いかに幅広い環境で動くようにするかについて留意すべきことはたくさんありますが、そのための簡単な法則というものはなく、移植性を高くするための多くの知識は散在しており、移植性の高いソフトウェアを開発するにはそれなりの経験がなければできませんでした。そのような知識・経験に基づく知恵を1冊の本にまとめたのが本書です。本書を読めば、移植性の高いコードをどのように書けばよいのかが理解できるようになるでしょう。名著『Write Portable Code』(2006年6月 日本語版、弊社刊行)、待望の復刊です。
続きはコチラから・・・



Write Portable Code 複数プラットフォームに移植可能なソフトウェアの開発技法無料はコチラから♪
↓↓↓↓↓↓


表紙クリック詳細♪


Write Portable Code 複数プラットフォームに移植可能なソフトウェアの開発技法「公式」はコチラから



Write Portable Code 複数プラットフォームに移植可能なソフトウェアの開発技法


>>>Write Portable Code 複数プラットフォームに移植可能なソフトウェアの開発技法の詳細はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)評判


Write Portable Code 複数プラットフォームに移植可能なソフトウェアの開発技法、書籍、雑誌、写真集など幅広いジャンルの本を取り扱っている電子書籍ストアが「BookLive!」です。
Write Portable Code 複数プラットフォームに移植可能なソフトウェアの開発技法を始めとする約300,000作品、約600,000冊の本を読むことができます。
ウェブブラウザを始めとして、iPhone、iPad、Android、Windows PC用の無料アプリも用意されていて、あらゆる環境でWrite Portable Code 複数プラットフォームに移植可能なソフトウェアの開発技法を楽しむことができます。
紙の本よりも安い価格でWrite Portable Code 複数プラットフォームに移植可能なソフトウェアの開発技法の購入もすることができます。
30%OFFセール、半額セールを始めとして、期間限定でWrite Portable Code 複数プラットフォームに移植可能なソフトウェアの開発技法が安く買えるクーポンなど、様々なお得なキャンペーンが定期的に開かれます。
ポイントが「Tポイント」でつくので、Write Portable Code 複数プラットフォームに移植可能なソフトウェアの開発技法以外にも使えて非常に便利です。


BookLive!(ブックライブ)あるある1


スマホを介して読む電子書籍は、一般的な書籍とは異なりフォントの大きさを視力に合わせることができるので、老眼のせいで読書を敬遠してきた高齢の方であっても苦労せずに読めるという特長があるというわけです。
これまでは単行本を購読していたという人も、電子書籍を利用してみた途端に、その利便性に驚かされるということが多いそうです。コミックサイトも数多く存在しているので、絶対に比較してから選定するようにしてください。
手に入れたい漫画はいっぱいあるけど、入手してもしまう場所がないという人もいるようです。そのため、片づける場所のことは考慮不要とも言えるBookLive「Write Portable Code 複数プラットフォームに移植可能なソフトウェアの開発技法」を使う人が増えてきているのです。
1ヶ月分の料金を払うことで、多岐にわたる書籍を思う存分閲覧できるという読み放題コースが電子書籍で広がりを見せています。1巻毎に購入する手間暇が不要なのが一番の利点です。
スマホを操作して電子書籍を買っておけば、移動中や午後の休憩時間など、場所を選ばずに楽しむことが可能だということです。立ち読みもできるため、書店まで足を運ぶことは不要なのです。



BookLive!(ブックライブ)あるある2


今流行りの無料アニメ動画は、スマホでも視聴可能です。最近の傾向としては年齢層の高いアニメ愛好者も増えていますので、今後尚更レベルアップしていくサービスではないかと思います。
あらゆるサービスを圧倒して、ここ数年無料電子書籍サービスが普及している理由としては、近所の本屋が減少してしまったということが想定されると聞いています。
電子コミックの販売促進の戦略として、試し読みが可能という取り組みはすごいアイデアだと思います。どこにいてもストーリーを読むことが可能なので、わずかな時間を有効に使用して漫画を選択することができます。
容易にアクセスして読み進められるというのが、無料電子書籍の人気の秘密です。本屋まで出向く必要も、通信販売経由で買った書籍を配達してもらう必要も全くないのです。
今流行りの無料コミックは、スマホなどで読むことが可能なのです。通勤途中、休み時間、病・医院などでの順番待ちの時間など、空き時間に気負わずに楽しむことが可能です。





Write Portable Code 複数プラットフォームに移植可能なソフトウェアの開発技法の情報概要

                              
作品名 Write Portable Code 複数プラットフォームに移植可能なソフトウェアの開発技法
支払い方法 クレジットカード|spモード決済|auかんたん決済|ソフトバンクまとめ支払い|楽天Edy|BitCash|WebMoney(ウェブマネー)|モバイルSuica|Tポイント|BookLive!専用のプリペイドカード|三省堂書店 店頭決済サービス
Write Portable Code 複数プラットフォームに移植可能なソフトウェアの開発技法ジャンル 本・雑誌・コミック
Write Portable Code 複数プラットフォームに移植可能なソフトウェアの開発技法詳細 Write Portable Code 複数プラットフォームに移植可能なソフトウェアの開発技法(コチラクリック)
Write Portable Code 複数プラットフォームに移植可能なソフトウェアの開発技法価格(税込) 4384円
獲得Tポイント Write Portable Code 複数プラットフォームに移植可能なソフトウェアの開発技法(コチラクリック)
対応端末 iphone、ipad、ituch、Android、PC(windows/Mac)


ページの先頭へ