童貞 電子書籍 お得 買う ブックライブ

童貞ブックライブ無料試し読み&購入


はるか古代、荒ぶる大河の岸辺の邑は、洪水を恐れ、巫女が全てを司る女権社会だった 女たちに支配されたその邑(むら)で、河の神の気紛れな氾濫を治めるため治水事業に立ち上がった男がいた。生贄にされることを拒み女たちに逆らってこの難事業に挑むが失敗し、処刑される。この光景を心にとどめ、女たちへの復讐を決意した少年がいた…。 男にとって女とは何か。古代史の世界に男の生きる姿とロマンを描く。●酒見賢一(さけみ・けんいち)福岡県生まれ。愛知大学卒業。1989年『後宮小説』で第1回日本ファンタジーノベル大賞を受賞(「雲のように風のように」の題でアニメ化)しデビュー。1992年『墨攻』他で中島敦記念賞を、2000年『周公旦』で、新田次郎文学賞を受賞。その他、『陋巷に在り』『泣き虫弱虫諸葛孔明』など著書多数。
続きはコチラから・・・



童貞無料はコチラから♪
↓↓↓↓↓↓


表紙クリック詳細♪


童貞「公式」はコチラから



童貞


>>>童貞の詳細はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)評判


童貞、書籍、雑誌、写真集など幅広いジャンルの本を取り扱っている電子書籍ストアが「BookLive!」です。
童貞を始めとする約300,000作品、約600,000冊の本を読むことができます。
ウェブブラウザを始めとして、iPhone、iPad、Android、Windows PC用の無料アプリも用意されていて、あらゆる環境で童貞を楽しむことができます。
紙の本よりも安い価格で童貞の購入もすることができます。
30%OFFセール、半額セールを始めとして、期間限定で童貞が安く買えるクーポンなど、様々なお得なキャンペーンが定期的に開かれます。
ポイントが「Tポイント」でつくので、童貞以外にも使えて非常に便利です。


BookLive!(ブックライブ)あるある1


店頭ではどんな内容か確認するのもためらうといった漫画であろうとも、無料漫画サービスを採り入れている電子書籍でしたら、中身をしっかり確認した上でゲットすることが可能なので、後悔することがありません。
漫画を買う時は必ず電子書籍を利用するという方が確実に増加しています。持ち歩きすることも不必要ですし、片付ける場所も不要だというのが要因です。しかも無料コミックになっているものは、試し読みで中身が見れます。
本屋では、スペースの問題から扱える漫画の数に限度がありますが、BookLive「童貞」ではそうした制限が必要ないので、発行部数の少ない物語も多いのが特徴でもあるのです。
“無料コミック”を上手く活用すれば、買った方が良いかどうか迷っている漫画の一部分を試し読みで閲覧することができるのです。先に漫画の展開をざっくりと認識できるので、とても便利だと言われています。
サービスの詳細については、各社それぞれです。因って、電子書籍を何所で買うのかというのは、比較して考えるべきだと言えます。軽々しく決めるのはよくありません。



BookLive!(ブックライブ)あるある2


電子書籍のニーズは、ここ1~2年特に高まりを見せている状態です。こうした中で、特に新規顧客が増加傾向にあるのが読み放題というプランだと聞きます。購入代金を気にする必要がないのが嬉しい点です。
空き時間を埋めるのに一番合っているサイトとして、ブームとなっているのがご存じの漫画サイトです。本屋さんなどで漫画を探さなくても、スマホが1台あるだけで読みたい放題というのが大きなポイントです。
アニメ動画というものは若者だけが楽しむものだと考えるのは早計です。大人が見たとしても楽しめる構成で、尊いメッセージ性を持ったアニメも多くなっています。
無料漫画については、本屋での立ち読みみたいなものだと捉えられます。ストーリーをおおよそ認識した上でゲットできるので利用者も安心できるのではないでしょうか。
話題になっている漫画も、無料コミックで試し読み可能です。スマホやPC上で読めますから、家族には隠しておきたい・見られると気恥ずかしい漫画もこっそり読むことができます。





童貞の情報概要

                              
作品名 童貞
支払い方法 クレジットカード|spモード決済|auかんたん決済|ソフトバンクまとめ支払い|楽天Edy|BitCash|WebMoney(ウェブマネー)|モバイルSuica|Tポイント|BookLive!専用のプリペイドカード|三省堂書店 店頭決済サービス
童貞ジャンル 本・雑誌・コミック
童貞詳細 童貞(コチラクリック)
童貞価格(税込) 486円
獲得Tポイント 童貞(コチラクリック)
対応端末 iphone、ipad、ituch、Android、PC(windows/Mac)


ページの先頭へ