アプサラス(3) 電子書籍 お得 買う ブックライブ

アプサラス(3)ブックライブ無料試し読み&購入


●主な登場人物/夏八木翔(賭博の女神・アプサラスの名を冠した幸運のサイコロを持つ、高校生。放課後は、託児所「ニコニコ園」で園長代理を務める心優しい好青年)、三田日出子(翔のことが好きなクラスメイト。翔と親しくなりたくて「ニコニコ園」でバイトをすることに。大江戸短大保育科に推薦入学が決定)、海野兆治(「ニコニコ園」に通うミナコのおじいちゃん。かつては博打に明け暮れた強者で、翔に色々な賭博を指南する。今も、いざとなると迫力十分)●あらすじ/松浦フードサービスの社長・松浦真吾がニコニコ園にやってきた。現在ニコニコ園が入っているビルを本社屋にするため、退去してほしいらしく、移転候補地を用意して話し合いに来たのだ。松浦が提示した移転候補地は、広くきれいで、家賃も安い。ニコニコ園にとっては願ってもない好条件だが、園長の太郎は首を縦に振らない。翔を捨てた親がいずれ彼を連れ戻しにやって来るかもしれない。その時にこの場がなかったら、翔と実の親は会えなくなってしまうというのが理由だった。だが松浦は引き下がらない。それには秘められたわけがあった(第20話)。●本巻の特徴/松浦はサソリが描かれた、アプサラススコーピオンを持つ男だった。それを手にして以来、事業は波に乗り順調に成長。そして今そのアプサラスが選んだ土地が、ニコニコ園のあるビルだったのだ。翔と松浦は園の移転を賭けて「軟語軟語(なんこなんこ)」という、平安時代から伝わる日本最古の博打で勝負する。後半では、兆治の兄弟分だった男の跡継ぎである、杜一家五代目・竜三が登場。彼は兆治に「大花会」を開くにあたっての協力を依頼する。この「大花会」というのは、日本中の名のある博打打ちたちが一堂に会する大がかりな賭場だ。そこにアプサラスを持つ者が1人やってくるという。その男に場を荒らされたら、杜一家に未来はない。そこで兆治は、翔、お響、妻の小夜子らと共に一肌脱ぎ、「手本引き」に一家の命運を賭ける。●その他の登場人物/夏八木太郎(翔の父で、ニコニコ園の園長。かつて捨て子だった翔を、実の子として育ててきた)
続きはコチラから・・・



アプサラス(3)無料はコチラから♪
↓↓↓↓↓↓


表紙クリック詳細♪


アプサラス(3)「公式」はコチラから



アプサラス(3)


>>>アプサラス(3)の詳細はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)評判


アプサラス(3)、書籍、雑誌、写真集など幅広いジャンルの本を取り扱っている電子書籍ストアが「BookLive!」です。
アプサラス(3)を始めとする約300,000作品、約600,000冊の本を読むことができます。
ウェブブラウザを始めとして、iPhone、iPad、Android、Windows PC用の無料アプリも用意されていて、あらゆる環境でアプサラス(3)を楽しむことができます。
紙の本よりも安い価格でアプサラス(3)の購入もすることができます。
30%OFFセール、半額セールを始めとして、期間限定でアプサラス(3)が安く買えるクーポンなど、様々なお得なキャンペーンが定期的に開かれます。
ポイントが「Tポイント」でつくので、アプサラス(3)以外にも使えて非常に便利です。


BookLive!(ブックライブ)あるある1


漫画などの本を購入する際には、数ページパラパラと確認してから判断する人が殆どです。無料コミックなら、立ち読みするのと一緒で中身を確認することが可能です。
漫画本を購入していくと、後々本棚の空きがなくなるということが起こるでしょう。ところがBookLive「アプサラス(3)」であれば、本棚の空きがないと悩むことがあり得ないので、何も気にすることなく楽しむことが可能なのです。
先だってざっくり内容をチェックすることができれば、読んでしまってから後悔せずに済みます。店舗での立ち読みと同様に、BookLive「アプサラス(3)」においても試し読みをすることで、どんな漫画か確認できます。
漫画を買ってまで読むという人の数は、このところ減少傾向を見せています。今までのマーケティングにこだわることなく、まずは無料漫画などを展開することで、新たなユーザーの獲得を図っています。
「大体のストーリーを確認してから買い求めたい」とおっしゃる方々にとって、無料漫画と申しますのは悪いところがないサービスだと言っていいでしょう。販売者側からみても、利用者数増加に期待が持てます。



BookLive!(ブックライブ)あるある2


本屋では、置く場所の問題で陳列できる漫画の数が限られてしまいますが、電子コミックであれば先のような制限が必要ないので、今はあまり取り扱われない作品も扱えるのです。
詳しいサービスは、運営会社毎に違います。そんな訳で、電子書籍をどこで購入するのかというのは、比較検討すべき事項だと言えます。余り考えずに決めてしまうと後悔します。
顧客の人数が増加しているのが無料の漫画サイトです。スマホで漫画をダウンロードすることが普通にできるので、かさばる単行本を携行することも不要で、外出時の荷物を軽くすることが可能になります。
コミックサイトは1つだけではありません。それらのサイトを可能な限り比較して、自分にぴったりのものを絞り込むことが大切です。そうすれば後悔することもなくなります。
本代というのは、1冊のみの料金で見れば高くはありませんが、沢山買えば月単位の合計金額は膨らんでしまいます。読み放題でしたら料金が固定なので、支出を抑えられます。





アプサラス(3)の情報概要

                              
作品名 アプサラス(3)
支払い方法 クレジットカード|spモード決済|auかんたん決済|ソフトバンクまとめ支払い|楽天Edy|BitCash|WebMoney(ウェブマネー)|モバイルSuica|Tポイント|BookLive!専用のプリペイドカード|三省堂書店 店頭決済サービス
アプサラス(3)ジャンル 本・雑誌・コミック
アプサラス(3)詳細 アプサラス(3)(コチラクリック)
アプサラス(3)価格(税込) 540円
獲得Tポイント アプサラス(3)(コチラクリック)
対応端末 iphone、ipad、ituch、Android、PC(windows/Mac)


ページの先頭へ