「北斗星」乗車456回の記録(小学館新書) 電子書籍 お得 買う ブックライブ

「北斗星」乗車456回の記録(小学館新書)ブックライブ無料試し読み&購入


廃止までに乗れる人も、乗れない人も必読。最後のブルートレインである『北斗星』が、2015年3月で定期運行を終えるとの報道が大きく伝えられ、鉄道ファンはもとより、北斗星やブルートレインに思い出のある多くの人々に衝撃を与えました。半世紀に及ぶブルートレインの歴史に、いよいよ幕が下りようとしています。著者の鈴木周作氏は、1988年の北斗星開業以来26年間、その魅力に惹かれて現在まで455回も乗り続けている画家です。単に数多く乗車しているのではなく、克明に乗車記録をとり、北斗星の魅力をなるべく多くの人に伝えるべくブログや作品で表現しています。最盛期の上野駅の賑わい、赤いランプの食堂車、寝台の窓からの変わりゆく風景や星空、車内で出会った様々な人々…夜汽車の楽しみやエピソードがふんだんに綴られます。さらに、北斗星の乗客の視点から見た26年間の世相も興味深い話が続きます。有珠山噴火の際の「山線迂回」や、本線の運行に戻ってもしばらくは最後尾に緊急避難用の機関車を増結していたこと。東日本大震災と北斗星。大雪や豪雨で大幅遅延した時に食堂車で出される「遅延カレー」…。北斗星を知り尽くした著者が渾身の想いで綴る、ブルートレイン乗車記の集大成です。電子書籍化にあたり、底本ではモノクロだった著者による挿絵をカラー化しました。【ご注意】※レイアウトの関係で、お使いの端末によっては読みづらい場合がございます。お手持ちの端末で立読みファイルをご確認いただくことをお勧めいたします。この作品はカラー写真が含まれます。
続きはコチラから・・・



「北斗星」乗車456回の記録(小学館新書)無料はコチラから♪
↓↓↓↓↓↓


表紙クリック詳細♪


「北斗星」乗車456回の記録(小学館新書)「公式」はコチラから



「北斗星」乗車456回の記録(小学館新書)


>>>「北斗星」乗車456回の記録(小学館新書)の詳細はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)評判


「北斗星」乗車456回の記録(小学館新書)、書籍、雑誌、写真集など幅広いジャンルの本を取り扱っている電子書籍ストアが「BookLive!」です。
「北斗星」乗車456回の記録(小学館新書)を始めとする約300,000作品、約600,000冊の本を読むことができます。
ウェブブラウザを始めとして、iPhone、iPad、Android、Windows PC用の無料アプリも用意されていて、あらゆる環境で「北斗星」乗車456回の記録(小学館新書)を楽しむことができます。
紙の本よりも安い価格で「北斗星」乗車456回の記録(小学館新書)の購入もすることができます。
30%OFFセール、半額セールを始めとして、期間限定で「北斗星」乗車456回の記録(小学館新書)が安く買えるクーポンなど、様々なお得なキャンペーンが定期的に開かれます。
ポイントが「Tポイント」でつくので、「北斗星」乗車456回の記録(小学館新書)以外にも使えて非常に便利です。


BookLive!(ブックライブ)あるある1


いろんなサービスに競り勝って、こんなにも無料電子書籍というものが浸透してきている理由としましては、地元の本屋が減る一方であるということが指摘されているようです。
コミックサイトの最大の強みは、揃っている冊数が本屋よりはるかに多いということだと言えます。売れない本を抱えるリスクが発生しない分、様々なタイトルを取り扱えるというわけです。
老眼に見舞われて、近くの文字が見えづらくなってきたという活字中毒症の高齢者にとって、スマホで電子書籍を楽しめるというのは、何より嬉しいことなのです。フォントの大きさを自分に合わせられるからです。
本屋では、本棚に並べる漫画を立ち読みされないようにするために、ビニールで包むケースが一般的です。BookLive「「北斗星」乗車456回の記録(小学館新書)」を利用すれば冒頭を試し読みができるので、漫画の概略を確かめてから購入が可能です。
無料漫画というのは、書店での立ち読みと一緒だと言えます。どんな内容かをそこそこ認識してから買うことができるので、ユーザーも安心できると思います。



BookLive!(ブックライブ)あるある2


利用者の数が鰻登りで増加しつつあるのが話題のコミックサイトです。つい最近までは単行本じゃないと買わないという人が圧倒的多数でしたが、電子書籍という形式で買って閲覧するというユーザーが増えているようです。
「電車の中でも漫画に没頭したい」と思う人にピッタリなのが電子コミックだと言って間違いありません。読みたい漫画を帯同することもないので、手荷物の中身も軽量化できます。
老眼の為に、近いものがぼやけるようになったという活字中毒ぎみの中高年にとって、スマホで電子書籍が読めるようになったというのはすごいことなのです。文字サイズを自分好みに調整できるからです。
「詳細を確認してからじゃないと買いたくない」と考えている方にとって、無料漫画と申しますのはメリットだらけのサービスだと言っていいでしょう。販売者側からみても、新しい利用者獲得に繋がるはずです。
利用者が急増中の無料コミックは、スマホを持っていれば読むことができるのです。移動中、会社の休憩時間、病院や歯医者などでの順番を待たされている時間など、自分の好きなタイミングで手間なしで読めます。





「北斗星」乗車456回の記録(小学館新書)の情報概要

                              
作品名 「北斗星」乗車456回の記録(小学館新書)
支払い方法 クレジットカード|spモード決済|auかんたん決済|ソフトバンクまとめ支払い|楽天Edy|BitCash|WebMoney(ウェブマネー)|モバイルSuica|Tポイント|BookLive!専用のプリペイドカード|三省堂書店 店頭決済サービス
「北斗星」乗車456回の記録(小学館新書)ジャンル 本・雑誌・コミック
「北斗星」乗車456回の記録(小学館新書)詳細 「北斗星」乗車456回の記録(小学館新書)(コチラクリック)
「北斗星」乗車456回の記録(小学館新書)価格(税込) 777円
獲得Tポイント 「北斗星」乗車456回の記録(小学館新書)(コチラクリック)
対応端末 iphone、ipad、ituch、Android、PC(windows/Mac)


ページの先頭へ