中国ビジネス新常識―週刊東洋経済eビジネス新書No.97 電子書籍 お得 買う ブックライブ

中国ビジネス新常識―週刊東洋経済eビジネス新書No.97ブックライブ無料試し読み&購入


賃金上昇や人民元高などで中国での生産コストが高まり、中国よりもインドネシア・タイへの投資を優先する日本企業が増えている。 中国の生産年齢人口は15年にピークを迎える見通しだ。豊富な労働力を安く提供するという発展モデルは維持できない。一方、都市住民の消費レベルは急速に向上している。「世界の工場」を市場に変えることはできるのか。中国で急拡大中のイオンのショッピングモールや無印良品、日本式介護施設など、最新情報を交えながら「中国ビジネス新常識」を紹介。 本誌は『週刊東洋経済』2014年11月15日号掲載の36ページ分を電子化したものです。●●目次●●中国 高成長の終わり習近平5つの試練 【1経済政策】過剰投資抑制に全力 【2不動産市場】崩落回避へ政策転換 【3企業改革】技術革新を誰が担う 【4法治の推進】地方への統制がカギ 【5近隣外交】経済力使い緊張緩和習近平を動かす2つの危機感【現地報告】地方の「官製バブル」は崩壊寸前 看板政策・都市化の落とし穴アリババだけじゃない! 世界が認めた中国の成長企業 【復星集団】中国のバフェット、日本投資の全貌 【奇虎360科技】百度を脅かすネット市場の風雲児 【華為技術】通信のガリバー、その発想と危機感  金融でアリババ追うテンセントInterview日本は中国とどう付き合うべきか【中国ビジネス7つの新常識】「世界の工場」を市場に変える 【新常識1】消費の進化は日中で同時進行(イオン、ヨーカ堂) 【新常識2】モール建設数は世界ダントツ 【新常識3】成金趣味を卒業。無印良品が大攻勢 巨大モールの増殖で圧倒される百貨店 【新常識4】介護福祉には国策の追い風 【新常識5】自分でやるより出資で儲ける 【新常識6】撤退には相応の覚悟と準備を 【新常識7】法令順守要求は先進国並みに
続きはコチラから・・・



中国ビジネス新常識―週刊東洋経済eビジネス新書No.97無料はコチラから♪
↓↓↓↓↓↓


表紙クリック詳細♪


中国ビジネス新常識―週刊東洋経済eビジネス新書No.97「公式」はコチラから



中国ビジネス新常識―週刊東洋経済eビジネス新書No.97


>>>中国ビジネス新常識―週刊東洋経済eビジネス新書No.97の詳細はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)評判


中国ビジネス新常識―週刊東洋経済eビジネス新書No.97、書籍、雑誌、写真集など幅広いジャンルの本を取り扱っている電子書籍ストアが「BookLive!」です。
中国ビジネス新常識―週刊東洋経済eビジネス新書No.97を始めとする約300,000作品、約600,000冊の本を読むことができます。
ウェブブラウザを始めとして、iPhone、iPad、Android、Windows PC用の無料アプリも用意されていて、あらゆる環境で中国ビジネス新常識―週刊東洋経済eビジネス新書No.97を楽しむことができます。
紙の本よりも安い価格で中国ビジネス新常識―週刊東洋経済eビジネス新書No.97の購入もすることができます。
30%OFFセール、半額セールを始めとして、期間限定で中国ビジネス新常識―週刊東洋経済eビジネス新書No.97が安く買えるクーポンなど、様々なお得なキャンペーンが定期的に開かれます。
ポイントが「Tポイント」でつくので、中国ビジネス新常識―週刊東洋経済eビジネス新書No.97以外にも使えて非常に便利です。


BookLive!(ブックライブ)あるある1


常日頃からよく漫画を購入するという人からすれば、月額利用料を納めることで何冊だって読み放題で閲覧できるというユーザーからの評価も高いシステムは、まさに斬新と言えるのではないでしょうか?
「連載という形で販売されている漫画を読むのが楽しみなんだ」という方には不要です。ただし単行本という形になってから手に入れる人からすれば、単行本を購入する前に無料漫画で内容を確かめられるのは、画期的なことではないでしょうか?
きちんと比較してから、自分にピッタリのコミックサイトを決定する人が増えているようです。オンラインで漫画を楽しみたいと言うなら、沢山のサイトの中より自分にピッタリのものを選抜する必要があります。
電子書籍を買うというのは、電子情報を入手することを意味するわけです。サービスが終了してしまいますと利用することができなくなるので、念入りに比較してから信頼できるサイトを選ぶようにしましょう。
趣味が漫画という人からすると、収蔵品としての単行本は貴重だと理解できますが、「漫画は読めれば十分」という人だとすれば、スマホで見れるBookLive「中国ビジネス新常識―週刊東洋経済eビジネス新書No.97」の方が扱いやすいでしょう。



BookLive!(ブックライブ)あるある2


バスなどで移動している時などのわずかな時間を使って、無料漫画をチェックして興味がそそられた本を発見しておけば、後ほど時間的に融通が利くときに購入手続きを経て続きを楽しむことができてしまいます。
ここに来て、電子書籍業界では画期的な「読み放題」というプランが登場し注目が高まっています。1冊毎にいくらというのではなく、各月いくらという料金徴収方法になっているのです。
漫画の最新刊は、お店で触りだけ読んで買うか否かの結論を出す人がほとんどです。でも、この頃は電子コミックを介して1巻を購入し、それを買うかどうか判断する方が主流派になりつつあります。
「電車やバスに乗っていてコミックを読むなんて絶対に無理」と言われる方でも、スマホに丸ごと漫画を入れておけば、人目を考慮することがなくなります。まさに、これが漫画サイトのイイところです。
電子書籍の関心度は、どんどん高まりを見せているようです。そうした状況において、利用者が増えつつあるのが読み放題というサービスなんだそうです。料金の支払いを気にせず利用できるのが人気の理由です。





中国ビジネス新常識―週刊東洋経済eビジネス新書No.97の情報概要

                              
作品名 中国ビジネス新常識―週刊東洋経済eビジネス新書No.97
支払い方法 クレジットカード|spモード決済|auかんたん決済|ソフトバンクまとめ支払い|楽天Edy|BitCash|WebMoney(ウェブマネー)|モバイルSuica|Tポイント|BookLive!専用のプリペイドカード|三省堂書店 店頭決済サービス
中国ビジネス新常識―週刊東洋経済eビジネス新書No.97ジャンル 本・雑誌・コミック
中国ビジネス新常識―週刊東洋経済eビジネス新書No.97詳細 中国ビジネス新常識―週刊東洋経済eビジネス新書No.97(コチラクリック)
中国ビジネス新常識―週刊東洋経済eビジネス新書No.97価格(税込) 324円
獲得Tポイント 中国ビジネス新常識―週刊東洋経済eビジネス新書No.97(コチラクリック)
対応端末 iphone、ipad、ituch、Android、PC(windows/Mac)


ページの先頭へ