金融中国語入門 電子書籍 お得 買う ブックライブ

金融中国語入門ブックライブ無料試し読み&購入


※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。中国独特の金融システムと業務の知識を身につけながら、金融中国語をしっかりマスター!中国語の決算書、数字表記、都市名、人名、金融機関一覧、業種一覧など、充実した資料も収録(※注:この電子書籍版には書籍版付録の音声CDの内容は収録しておりません。)【本書の学習の流れ】初級レベルの中国語力を持った方が金融関連の中国語を効率よく身につけられるよう、以下のような構成になっています。[序章]金融の世界で使われる基本用語を学びます。[第1章~第3章]キーワード、本文、基本和訳演習の3セクションからなっています。まずはキーワードの読み方を頭に入れ、本文で中国の金融事情や金融の基礎知識を学びます。基本和訳演習では、単語や文法等の解説を参考にしながら文章にチャレンジします。[第4章]中国語の読解力・表現力を磨くための「力試し」の問題文20題です。[資料]財務諸表、数字、都市名などが一覧できます。【主な内容】序章 金融中国語ウォーミングアップ第1章 中国の金融システムとマクロ経済政策     中国の金融システム/金融政策/財政政策/為替政策/経済指標第2章 銀行取引      銀行の機能/貿易金融/シャドーバンキング/外国為替第3章 資本市場     中国株式市場と資金調達/株価の変動要因・投資尺度/M&A/債券の種類と資金調達/格付け第4章 力試し資料 中国の金融機関一覧/主要業種一覧/中国語の決算書を読むための基本用語と読み方のコツ/中国語の数字表記/中国主要都市名・人名
続きはコチラから・・・



金融中国語入門無料はコチラから♪
↓↓↓↓↓↓


表紙クリック詳細♪


金融中国語入門「公式」はコチラから



金融中国語入門


>>>金融中国語入門の詳細はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)評判


金融中国語入門、書籍、雑誌、写真集など幅広いジャンルの本を取り扱っている電子書籍ストアが「BookLive!」です。
金融中国語入門を始めとする約300,000作品、約600,000冊の本を読むことができます。
ウェブブラウザを始めとして、iPhone、iPad、Android、Windows PC用の無料アプリも用意されていて、あらゆる環境で金融中国語入門を楽しむことができます。
紙の本よりも安い価格で金融中国語入門の購入もすることができます。
30%OFFセール、半額セールを始めとして、期間限定で金融中国語入門が安く買えるクーポンなど、様々なお得なキャンペーンが定期的に開かれます。
ポイントが「Tポイント」でつくので、金融中国語入門以外にも使えて非常に便利です。


BookLive!(ブックライブ)あるある1


マンガ雑誌などを買う時には、斜め読みして内容を確かめてから判断するという人の方が多いと思います。無料コミックなら、立ち読みと同じ感覚で内容を閲覧することができるのです。
BookLive「金融中国語入門」のサイト次第では、1巻のすべてを料金請求なしで試し読みできるというところも見掛けます。1巻を読破して、「楽しいと感じたなら、その先の巻を有料にて読んでください」という営業戦略です。
「手の届く場所に置いておきたくない」、「持っていることも悟られたくない」という漫画だったとしても、BookLive「金融中国語入門」を有効利用すれば他の人に知られずに楽しむことができます。
放映されているものを毎週逃さず視聴するのはとても大変ですが無料アニメ動画として見ることのできるものなら、各自の都合に合わせて視聴することが可能です。
既に絶版になった漫画など、売り場では発注をかけてもらわないと買い求めることができない本も、BookLive「金融中国語入門」形態でたくさん取り扱われていますので、どのような場所でも手に入れて楽しめます。



BookLive!(ブックライブ)あるある2


スマホやノートブックの中に漫画を丸ごと保存すれば、収納場所について心配する必要が皆無になります。一回無料コミックからチャレンジしてみると良いでしょう。
スマホを介して電子書籍を買えば、通勤途中や一服時間など、場所に縛られることなく読めます。立ち読みもできるシステムとなっていますから、書店に立ち寄ることは不要なのです。
「詳細に比較せずに決定してしまった」というような人は、無料電子書籍はどこも内容が同じという考えなのかもしれませんが、サービスの詳細な中身については提供会社によって異なりますから、比較することは必須だと思います。
漫画や書籍は、本屋で中を確認して買うことにするかどうかを判断する人が大半だと聞きます。でも、この頃はとりあえず電子コミックで冒頭部分だけ読んで、その本について買う・買わないを決める人が多いのです。
漫画本というのは、読んだあとにBOOKOFFなどの本買取店に売ろうとしても、わずかなお金しか手にできませんし、もう一度読みたくなったときに大変です。無料コミックだったら、保管スペースが不要なので片付けに苦労することがないのです。





金融中国語入門の情報概要

                              
作品名 金融中国語入門
支払い方法 クレジットカード|spモード決済|auかんたん決済|ソフトバンクまとめ支払い|楽天Edy|BitCash|WebMoney(ウェブマネー)|モバイルSuica|Tポイント|BookLive!専用のプリペイドカード|三省堂書店 店頭決済サービス
金融中国語入門ジャンル 本・雑誌・コミック
金融中国語入門詳細 金融中国語入門(コチラクリック)
金融中国語入門価格(税込) 2246円
獲得Tポイント 金融中国語入門(コチラクリック)
対応端末 iphone、ipad、ituch、Android、PC(windows/Mac)


ページの先頭へ