アメリカの会計原則 2012年版 電子書籍 お得 買う ブックライブ

アメリカの会計原則 2012年版ブックライブ無料試し読み&購入


※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。日本においても、日本におけるIFRS採用の動向や、日本の会計基準のIFRSへのコンバージェンスの議論などに関連して、アメリカの会計基準の動きが直接的にまたは間接的に日本の会計基準に影響を与えており、その動向には多くの関心が寄せられている。こうした環境下にあって、アメリカの会計基準の動向を理解することは、今後のIFRSおよび日本の会計基準の動向を見極めるうえでも重要であり、直接アメリカの会計基準を適用している企業の経理・財務担当者はもとより、IFRSの導入準備を進めている企業の関係者や日本基準の将来動向に関心を持つ方々にとっても有益であると思われる。本書は、2011年6月までに公表されたアメリカの会計基準を対象として取扱っており、本書を執筆するにあたっては、以下の点に重点を置いている。1.実例を豊富に取り入れ、また、説明をできるだけ平易に行い、職業会計人、企業の経理担当者はもちろんのこと、一般ビジネスマン、学生等にも容易に理解できる内容にした。2.アメリカの会計基準の主たる項目を網羅的に取入れる一方、各項目の会計処理および開示内容については、そのポイントを短時間で理解できるようにした。3.適宜、会計基準等の原文を参照しやすいよう、主な会計基準等の関連パラグラフを記載した。4.実務に役立つように、可能な限り充実した解説を加えた。5.アメリカの会計基準の説明に加え、適宜、日本の会計基準およびIFRSとの比較を織り込んだ。【主な内容】第1章 最近のトピックス第2章 アメリカの会計原則第3章 連結決算と持分法第4章 公正価値の測定第5章 金融商品第6章 外貨関連事項第7章 非貨幣取引第8章 収益の認識第9章 棚卸資産第10章 リース会計第11章 利子費用の資産化第12章 資産除去債務第13章 減損会計第14章 研究開発費第15章 ソフトウェア第16章 企業結合第17章 退職その他の従業員給付第18章 株式報酬など。
続きはコチラから・・・



アメリカの会計原則 2012年版無料はコチラから♪
↓↓↓↓↓↓


表紙クリック詳細♪


アメリカの会計原則 2012年版「公式」はコチラから



アメリカの会計原則 2012年版


>>>アメリカの会計原則 2012年版の詳細はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)評判


アメリカの会計原則 2012年版、書籍、雑誌、写真集など幅広いジャンルの本を取り扱っている電子書籍ストアが「BookLive!」です。
アメリカの会計原則 2012年版を始めとする約300,000作品、約600,000冊の本を読むことができます。
ウェブブラウザを始めとして、iPhone、iPad、Android、Windows PC用の無料アプリも用意されていて、あらゆる環境でアメリカの会計原則 2012年版を楽しむことができます。
紙の本よりも安い価格でアメリカの会計原則 2012年版の購入もすることができます。
30%OFFセール、半額セールを始めとして、期間限定でアメリカの会計原則 2012年版が安く買えるクーポンなど、様々なお得なキャンペーンが定期的に開かれます。
ポイントが「Tポイント」でつくので、アメリカの会計原則 2012年版以外にも使えて非常に便利です。


BookLive!(ブックライブ)あるある1


スマホで読める電子書籍は、一般的な本とは異なりフォントの大きさを変更することが可能となっていますから、老眼で近場が見えない60代以降の方でも楽々読めるという特性があるわけです。
月額の利用料が固定のサイト、個人情報の登録がいらないサイト、1冊単位で購読するサイト、無料作品が沢山あるサイトなど、コミックサイトも何やかやと違いが見受けられますので、比較するべきでしょう。
長く続く漫画は複数冊をまとめて買う必要があるため、ひとまず無料漫画で軽く読んで確かめるという人が少なくありません。やはりあらすじを知らずに漫画を買うのは無理があるということでしょう。
BookLive「アメリカの会計原則 2012年版」は持ち運びやすいスマホやNexusやiPadで読むことができるわけです。1部分だけ試し読みしてから、その本を購入するかどうかを判断する人も多くいるのだそうです。
どんな時でも無料漫画が楽しめるという理由で、利用する人が増えるのは当たり前のことです。ショップとは違い、他の人の目を気にすることなく立ち読みすることができるのは、電子書籍ならではのメリットだと言えます。



BookLive!(ブックライブ)あるある2


電子コミックはノートパソコンやスマホ、タブレット端末で閲覧することができるわけです。少しだけ試し読みをしてみてから、本当にそれを買うかどうかを確定する方が増加しているらしいです。
雑誌や漫画本を購入しようと思ったときには、パラパラとストーリーをチェックしてから決める人の方が多いです。無料コミックなら、立ち読みのようにストーリーを確かめることができます。
スマホを利用しているなら、電子コミックを時間に関係なく閲覧することができます。ベッドに横たわって、目が重くなるまでのリラックスタイムに楽しむという人が多いのだそうです。
電子無料書籍をうまく活用すれば、時間を掛けて店頭まで足を運んで内容をチェックする必要性がなくなります。そういったことをせずとも、無料の「試し読み」をすれば中身のリサーチができるからなのです。
試し読みという形で漫画のストーリーを精査した上で、心配することなく入手できるのが、ウェブ漫画と呼ばれるサイトの長所です。決済する前に内容を知ることが出来るのでお金を無駄にしなくて済みます。





アメリカの会計原則 2012年版の情報概要

                              
作品名 アメリカの会計原則 2012年版
支払い方法 クレジットカード|spモード決済|auかんたん決済|ソフトバンクまとめ支払い|楽天Edy|BitCash|WebMoney(ウェブマネー)|モバイルSuica|Tポイント|BookLive!専用のプリペイドカード|三省堂書店 店頭決済サービス
アメリカの会計原則 2012年版ジャンル 本・雑誌・コミック
アメリカの会計原則 2012年版詳細 アメリカの会計原則 2012年版(コチラクリック)
アメリカの会計原則 2012年版価格(税込) 3304円
獲得Tポイント アメリカの会計原則 2012年版(コチラクリック)
対応端末 iphone、ipad、ituch、Android、PC(windows/Mac)


ページの先頭へ