電子図書館・電子書籍貸出サービス 電子書籍 お得 買う ブックライブ

電子図書館・電子書籍貸出サービスブックライブ無料試し読み&購入


全国の公共図書館で、電子図書館、電子書籍貸出サービスの状況はどうなっているのだろう。電子出版制作・流通協議会(以下、電流協)では、日本図書館協会と国立国会図書館の協力を得て、2014年2月~4月にかけて「公共図書館の電子図書館・電子書籍サービス」調査を実施した。公共図書館の中央館1,352館を対象として実施し、743館の回答を得た。電子書籍貸出サービスについては、アクセシビリティへの期待は高いが、依然72%の館が導入する予定がない──。人材がいない、予算がない、などといった結果が、アンケート結果から浮き彫りになった。本書では、このアンケート調査全結果収録とともに、電子図書館サービスのシステムを提供する複数の事業者のレポート、国立国会図書館、慶應義塾大学、札幌市立図書館など積極的にサービスに取り組んでいる機関のレポートなどを含め、図書館における電子書籍貸出サービスについて現状と課題、将来展望を取り上げた。●こちらのタイトルは、紙の書籍をご購入いただくと電子書籍もついています!紙の書籍をご購入いただき、対応電子書店にて会員登録のうえ、クーポンコードを入力いただくと、電子書籍が無料でダウンロード出来ます。【対応電子書店】honto、紀伊國屋、BOOKSMART、BookLive!(順次拡大予定)【※本作品はブラウザビューアで閲覧すると表組みのレイアウトが崩れて表示されることがあります。予めご了承下さい。】
続きはコチラから・・・



電子図書館・電子書籍貸出サービス無料はコチラから♪
↓↓↓↓↓↓


表紙クリック詳細♪


電子図書館・電子書籍貸出サービス「公式」はコチラから



電子図書館・電子書籍貸出サービス


>>>電子図書館・電子書籍貸出サービスの詳細はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)評判


電子図書館・電子書籍貸出サービス、書籍、雑誌、写真集など幅広いジャンルの本を取り扱っている電子書籍ストアが「BookLive!」です。
電子図書館・電子書籍貸出サービスを始めとする約300,000作品、約600,000冊の本を読むことができます。
ウェブブラウザを始めとして、iPhone、iPad、Android、Windows PC用の無料アプリも用意されていて、あらゆる環境で電子図書館・電子書籍貸出サービスを楽しむことができます。
紙の本よりも安い価格で電子図書館・電子書籍貸出サービスの購入もすることができます。
30%OFFセール、半額セールを始めとして、期間限定で電子図書館・電子書籍貸出サービスが安く買えるクーポンなど、様々なお得なキャンペーンが定期的に開かれます。
ポイントが「Tポイント」でつくので、電子図書館・電子書籍貸出サービス以外にも使えて非常に便利です。


BookLive!(ブックライブ)あるある1


BookLive「電子図書館・電子書籍貸出サービス」はスマホなどの電子機器やNexusやiPadで読むことができるようになっています。1部分だけ試し読みした後で、そのコミックをDLするかを決める方が増えていると聞かされました。
単純に無料コミックと言いましても、用意されているジャンルは広範囲に亘ります。子供向けから大人向けまでありますから、気に入る漫画を絶対見つけ出すことができると思います。
「小さいスマホの画面では見づらくはないのか?」と言う人もいるようですが、そんな人もBookLive「電子図書館・電子書籍貸出サービス」を買ってスマホで読んでみれば、その快適性にビックリすること請け合いです。
購入してしまってから「期待したよりもつまらなかった」ってことになっても、本は返せないのです。でも電子書籍なら試し読みをすることができるので、こういった状況を防止できるというわけです。
常時新しい漫画が追加されるので、何十冊読んでも読む漫画がなくなる心配をする必要がないというのがコミックサイトのメリットです。本屋では扱わなくなってしまったちょっと前のタイトルも閲覧可能なのです。



BookLive!(ブックライブ)あるある2


無料漫画と呼ばれるものは、本屋での立ち読みと同じだと考えられます。内容がどうなのかを一定程度認識した上で購入できるので、ユーザーも安心できるのではないでしょうか。
現在連載中の漫画は数十巻という冊数を購入しないといけないため、とりあえず無料漫画で中身を覗いてみるという人が増えています。やっぱりすぐに購入を決断するのはなかなか難易度が高いのです。
お店にはないといった大昔の本も、電子書籍なら販売しています。無料コミックのラインナップ中には、中高年層が少年時代に何度も読んだ漫画が含まれています。
「あらすじを確認してから購入したい」という利用者からすれば、無料漫画というものは悪いところがないサービスだと考えられます。運営側からしましても、ユーザー数の増加を望むことができます。
電子コミックのサービス内容次第ですが、1巻全てのページを0円で試し読みできるというところも若干あります。取り敢えず1巻のみ試し読みしてもらって「もっと読みたいと思ったら、2巻以降の巻を有料にて入手してください」というシステムです。





電子図書館・電子書籍貸出サービスの情報概要

                              
作品名 電子図書館・電子書籍貸出サービス
支払い方法 クレジットカード|spモード決済|auかんたん決済|ソフトバンクまとめ支払い|楽天Edy|BitCash|WebMoney(ウェブマネー)|モバイルSuica|Tポイント|BookLive!専用のプリペイドカード|三省堂書店 店頭決済サービス
電子図書館・電子書籍貸出サービスジャンル 本・雑誌・コミック
電子図書館・電子書籍貸出サービス詳細 電子図書館・電子書籍貸出サービス(コチラクリック)
電子図書館・電子書籍貸出サービス価格(税込) 2160円
獲得Tポイント 電子図書館・電子書籍貸出サービス(コチラクリック)
対応端末 iphone、ipad、ituch、Android、PC(windows/Mac)


ページの先頭へ