自分で解消する | 最も人に見られやすい顔に関する悩みを美容外科で解決
Beauty

自分で解消する

頬のたるみは、姿勢が猫背になっているから起こることもあるので、姿勢を正すことが大切となります。
イスに座って何か作業をするときには、腰にクッションやタオルを挟んで、姿勢が崩れないようにするといいでしょう。
また、頬のたるみ解消法として、口を開ける動作を大きく行う体操がいいとされています。
顎の下には、顎舌骨筋というものがあり、筋肉が衰えるとあごの下のたるみが起こってしまいます。
あごと同時に頬のたるみが起こってしまうので、頬の筋肉を引き締めることが出来る体操が効果的とされています。
口を開ける動作を、なるべく大きくして発音を行います。
いつでも手軽に出来る方法なので、ちょっとした時間に行うといいでしょう。

頬のたるみに効果があるエクササイズとして、舌回し運動というものがあります。
舌回し運動は、口の中で舌を歯の表面に沿って、左右20回ずつほど回していきます。
初めはきつい場合が多いので、少ない回数から行なっていきましょう。
1日に多くの回数をこなすより、毎日少しずつでも継続することが大切です。

頬のたるみは、紫外線が関係していることも分かってきています。
そのため、普段から紫外線対策を行うことは、シミ予防だけでなくたるみ予防にもなります。
肌の乾燥も、頬のたるみの原因の一つになっています。
角質層の水分保持力の低下によって、真皮層の水分を保つことが出来なくなり、真皮層の負担となることでたるみという現象が起こります。
他にも睡眠不足や不規則な食生活を続けていると、20代でも頬のたるみが出てきてしまいます。
生活習慣の改善や日頃のケアで、頬のたるみは解消することが出来る場合があります。