たるみの原因 | 最も人に見られやすい顔に関する悩みを美容外科で解決
Beauty

たるみの原因

若いときには意識していなかったことが、年齢を重ねると気になってくることがあります。
シワやシミと同様に、たるみは多くの人の悩みの種となっています。
顔の頬のたるみは、第一印象を左右してしまいます。時に実年齢よりも老けて見られることがあります。
頬のたるみは、加齢が主に原因として挙げられます。
加齢に伴い、皮膚の老化が進んでしまうからですが、他にも紫外線や生活習慣、乾燥も頬のたるみの原因となる場合があります。
近年では中高年だけでなく、若年層の人でも、頬のたるみによってほうれい線が目立ってきている人がいます。
たるみの原因には、普段の姿勢も影響してくると考えられています。

背骨が歪んでいる、姿勢が悪い人が現代人には多く見受けられます。
原因として、パソコンやスマートフォンを操作する時間の長さが関係していると言われています。
普段の生活の中でIT機器が浸透しているため、年齢問わず姿勢の悪い人が増えてきています。
猫背だと背中が丸くなり、あごが突き出てしまいますが、それによって体が歪んで、顔や頬に対して下方向に圧力がかかってしまいます。
それによって、頬のたるみが進行してしまうのです。
デスクワークでの姿勢が、普段の生活にそのまま反映されます。
家に帰ったときも、猫背の状態でくつろぐことになるので、どんどん頬の筋肉に影響を与え続けてしまいます。
姿勢を意識することが、頬のたるみ防止につながります。
たるみには3種類あると言われ、皮膚のたるみと脂肪のたるみ、むくみたるみがあります。
原因によって、治療法や改善方法も異なってくるので、自分がどのたるみなのかを知ることも大事です。